オンライン英会話『OLECO』の解析|特徴・料金・口コミ評判など

オンライン英会話の解析

今回の解析は、学校や塾への導入を目的とした小中学生対象のオンライン英会話『OLECO(オレコ)』です。

スクールの特徴や料金体系などについて詳しく分析し、口コミでの評判を調査しました。

スポンサードリンク

OLECOの解析

注目ポイント
  1. 学習塾のためのオンライン英会話
  2. 使いやすい独自の通信システム
  3. 4技能+受験で使える英語

総合評価3.2点

評価内容 講師の質   :★★★☆☆
教材     :★★★★★
ネット回線  :★★★☆☆
予約のしやすさ:★★★☆☆
料金     :★★☆☆
価格 要問い合わせ
1レッスンあたり
無料体験レッスン 0回
入会費 0円
教材費 0円
レッスン形式 マンツーマン
レッスン内容 日常英会話、キッズ英会話、英検
直前予約 レッスン開始の2時間前まで可能
使用ソフト 独自システム
講師の数 不明
講師の国籍 フィリピン
講師の勤務地 オフィス勤務
日本語可能講師 不明
キャンペーン情報 公式サイト

個人向けではなく、学習塾向けに提供されているオンライン英会話『OLECO(オレコ)』。

小学生向けの『OLECOジュニア』と中学生向けの『OLECO』の2つのコースがあり、学習塾側がコースを選んで導入します。

教材は「学研」が担当。学習塾が小中学生の英会話力向上までカバーできるカリキュラムを売りにすることができます。

公式サイトに詳しい価格や導入方法の記載はないので、担当者に直接問い合わせましょう。

OLECOの特徴

続いて、OLECOの特徴を、より詳しくご紹介いたします。

【1】学習塾のためのオンライン英会話

学習塾側に『OLECO』のオンライン英会話システムを導入してもらうことで、学習塾と英会話スクールのダブルスクールによる家庭の負担を減らすことができます。

学習塾で、他の科目を学びながら、オンラインでマンツーマンの英会話レッスンも受けられるというのは、学ぶ場として非常に効率が良いと言えるでしょう。

【2】4技能+受験で使える英語

『OLECO』では、従来の英語の「読む」「書く」に加えて今後さらに必要になってくる「聞く」「話す」の計4技能をバランス良く伸ばします。

レッスンの前には予習・復習も組み込まれたカリキュラムで安心。

「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能だけでなく、受験で必要な英語もしっかり学べるのが学習塾の強みでもあります。

【3】使いやすい独自の通信システム

『OLECO』は無料通信アプリ「スカイプ」は使わず、独自のWEBシステムを採用しています。

講師の映像とテキスト画面が一体型になっているので、テキストを見ながらのコミュニケーションがとりやすいのが魅力。

テキスト画面に書き込みをしたり、マークをつけることもできて、視覚的にも非常にわかりやすい教材です。

【4】レッスン毎の指導報告書

レッスンが終わるとレッスンを担当した講師より評価とコメントが届くので、その評価を元にして、生徒のフォローや保護者面談などで活用することができます。

【5】講師はオフィス勤務のフィリピン人

講師は母国語ではなく公用語として英語を学んできたフィリピン人。ネイティブではないものの、英語を学んできた経験から教えるのがとても丁寧で上手だと日本人から好評で、近年留学地としても注目されています。

『OLECO』ではフィリピンの現地にオフィスをかまえ、講師は全員オフィスからレッスンを提供

現地には日本人スタッフが常時待機しているため、万が一のトラブル対応も日本語で可能です。

スポンサードリンク

OLECOの口コミ評判

口コミはありませんでした。

***体験談・口コミ募集中***

『eeegle管理人』の見解

Mia(現役英会話講師)

個人向けではなく学習塾向けのオンライン英会話なので、個人の口コミは見つかりませんでしたが、今後親御さんたちからの希望が多ければ導入する学習塾は増えそうですね。

近年小学校から英語教育が始まり、学校+学習塾にさらに英会話スクールまで通わせているという家庭も増えてきました。

学習塾の授業の中にオンライン英会話を組み込んでもらえたら、わざわざダブルスクールをする必要もなく、家庭の負担も減るのがありがたいです。

まとめ:OLECOはこんな人におすすめ

  1. 英会話と受験英語を効率よく学べる塾を探している親御さん
  2. 塾に英会話を導入したいけど、教えられる講師がいないと悩んでいる塾運営者の方
  3. 今後英語教育にさらに力を入れたいと思っている塾運営者の方

以上『OLECO』は小中学生が1つの塾で実用的な英会話を学べるようになるオンライン英会話スクールであることがわかりました。

「読む」「書く」「聞く」「話す」をバランス良く伸ばすのはもちろん、学歴のために重要な受験英語の部分も合わせて塾がカバーしてくれるのは強いですよね。

親御さんたちで塾側に導入の提案をしてみてもよし、塾運営者の方もこの機会にオンライン英会話の採用を検討してみてはいかがでしょうか?

▶︎:OLECOへのお問い合わせはこちら

スポンサードリンク