タブレットを使ってオンライン英会話!注意点やデメリットまとめ

オンライン英会話コラム

オンライン英会話レッスンを受けるとき、必要なものといえばパソコン。

・・・ですが、パソコンを持っていない人や、外出先で気軽にレッスンを受けたい人におすすめなのがスマホやタブレット端末。

今回は、タブレットを使ってオンライン英会話レッスンを受ける際のポイントと、パソコンと比較したメリット・デメリットをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.オンライン英会話レッスンはタブレットでも受けられる

オンライン英会話レッスンといえば、家でパソコンに向かっているイメージが強いかもしれないですが、タブレットやスマホなどを使うことももちろん可能です。

実際にタブレットを使ってレッスンを受けている人も多く、仕事の休憩中にカフェのテラス席でレッスンなんて気分も良いですよね。

特に、タブレット端末はスマホよりも画面が大きいので、講師とのコミュニケーションの面ではタブレットの方が断然おすすめです。

2.タブレットでレッスンを受ける際のチェックポイント

まず最初に、タブレットを使ってレッスンを受けるときは以下をチェックしましょう。

  1. Wi-Fiなどネット環境があるか
  2. スカイプなどの通信アプリをダウンロード
  3. マイクやカメラなどに不具合はないか
  4. 外出先では必ずイヤフォンを使おう

それでは、順番に詳しく見ていきましょう。

①Wi-Fiなどネット環境があるか

常にネットが繋がっている自宅のパソコンや携帯(スマホ)と違って、タブレット端末の場合はまずインターネット環境につなぐ必要があります。

家の中の場合は、家のWi-Fiにちゃんと繋がっているかどうか、外出先の場合は通信速度が早いWi-Fiがあるかどうかをチェックしましょう。

②スカイプなどの通信アプリをダウンロード

オンライン英会話レッスンを受けるためには、スカイプなどの無料通信機器をダウンロードしておく必要があります。

パソコンにはダウンロードしたけど、タブレットには入っていないという方も多いので、忘れないうちにダウンロード&設定を済ませておきましょう。

③マイクやカメラなどに不具合はないか

タブレットにはマイクやカメラが内蔵されているものが多いので、そのまま電話感覚で使えますが、破損や不具合などでカメラの調子が悪かったり、音声が上手く聞こえなくなることもあります。

友達や家族に協力してもらい、スカイプを使ってちゃんとカメラとマイクが機能しているか確認しておきましょう。

④外出先では必ずイヤフォンを使おう

当たり前ではありますが、外出先でレッスンを受ける場合は、周りの迷惑にならないようイヤフォンが必須です。スピーカーで電話しているのと同じことですからね。

イヤフォンを持ってくるのを忘れてしまったなんてことがないように、タブレットと一緒に持ち歩きましょう。

スポンサードリンク

3.タブレットを使用するメリット・デメリット

では、パソコンと比較したときのタブレットを使うメリットとデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

電話感覚で話せる
環境を変えて話せる
外出先で話せる
移動しながら会話ができる

通信速度が遅い時がある
ジェスチャーなどが伝わりづらい
講師とのチャット画面が見づらい
レッスン中にネットで調べられない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

◎ 電話感覚で話せる

タブレット端末の場合、スマホのように友達と電話している感覚でレッスンを受けられるのが良いですね。何度もレッスンを受けている先生なら、レッスンという形式にとらわれずに気兼ねなく会話ができるでしょう。

◎ 環境を変えて話せる

毎回パソコンの前に座ってレッスンを受けているとマンネリ化したり、億劫になったりしますよね。たまにタブレットを使ってカフェや違う部屋でレッスンを受けることにより良い気分転換になるでしょう。

◎ 外出先で話せる

タブレットの一番のメリットは外出先でもレッスンが受けられるところ。パソコンは仕事で使うからプライベートであまり使いたくないという方も、会社の休憩中に気軽にタブレットでレッスンを受けることができます。

パソコンよりも持ち運びが便利なのもラクですよね。

◎ 移動しながら会話ができる

常に動き回っている忙しい方でも大丈夫。ネット環境さえあれば、移動しながらレッスンを受けることもできます。

△ 通信速度が遅い時がある

注意点としては、通信速度の問題。特に外出先の場合はWi-Fiの状況によって通信速度に大きく影響します。カフェも混んできたら速度が遅くなったりなど、ハプニングはつきものです。事前のチェックを忘れずに。

△ ジェスチャーなどが伝わりづらい

初心者の方は講師とのコミュニケーションにジェスチャーを使うことが多いでしょう。逆も同じで講師側も身振り手振りで伝えようとしてくれることが多いですが、パソコンに比べてタブレットは画面が小さいので相手のジェスチャーや口の動きがわかりづらいです。

ジェスチャーを使ったコミュニケーションが多い初心者の方はパソコンから始めるのをおすすめします。

△ 講師とのチャット画面が見づらい

レッスン中は会話だけでなく、どうしても聞き取れない単語や難しい質問などはスカイプのチャットを使って文字で教えてくれることもあります。

その際、タブレットだと画面の切り替えがしづらく、タイピングもパソコンに比べてやりづらいです。

△ レッスン中にネットで調べられない

レッスン中にど忘れした単語を調べたいとき、パソコンだったら別のウィンドウを開いて、会話をしながら調べることができますが、タブレットやスマホの場合、スカイプのアプリをいったんしまって、ネットのブラウザを開いたりととっても面倒

慣れている先生との日常会話ならいいですが、がっつりレッスンの場合はやはりパソコンの方がやりやすいでしょう。

まとめ:タブレットは中級者以上がおすすめ

以上、タブレットを使ってオンライン英会話レッスンを受ける際のチェックポイントと、メリット・デメリットをご紹介しました。

結果、タブレットを使用してオンライン英会話レッスンを受けるのは、中級者以上の英語コミュニケーション力がある人向けだということがわかりました。

タブレットの便利な面ももちろんありますが、まずはパソコンに向かっての授業から始めてみるのがいいかもしれないですね。

是非、参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク