スピーキングの特訓に!オンライン英会話を活用した英語の勉強法とは

オンライン英会話コラム
オンライン英会話レッスンならマンツーマンで英語のスピーキングが鍛えられて、すぐに英語ペラペラになるはず!

・・・なんて思っている方いませんか?

もちろんオンライン英会話は日本にいながら低価格で毎日レッスンを受けられるので、これを続けていけばとっても効率の良いスピーキングの練習にはなるでしょう。

ただし、ただ毎日流れ作業でレッスンを受けていても魔法のように英語力が伸びるわけではありません。

今回は、オンライン英会話を使った英語の勉強法について。オンライン英会話の位置づけなど合わせてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

1.オンライン英会話は”レッスン”ではない

まず最初に、オンライン英会話の位置づけについて。オンライン英会話レッスンを、言葉通りレッスンだと思っている方は要注意です。

ハッキリ言って、オンライン英会話は”レッスン”ではありません。手取り足取り英語を学びたいなら、やはり高いお金を出しても留学や講座を受けた方がよっぽど効率的です。

では、オンライン英会話とは何なのでしょうか?オンライン英会話はいわば【トレーニングジム】のようなもの。英語の練習相手をお願いしているというスタンスが良いでしょう。

メリット≒デメリット?

というのも、オンライン英会話は安くて時間に融通が利くというのがメリットですが、これがまるっきりデメリットに変わることもあるのです。

安くて時間に融通が利くということは、講師は安い給料で雇われて、24時間たくさんの講師が入れ替わりで勤務しているということ。

給料が安いので全員のモチベーションが高いわけじゃないし、気に入った先生も見つけても時間が合わなければ希望の先生とはしゃべれないのです。

【参考】オンライン英会話のメリット・デメリット詳しくはこちら!

英語を教えてもらう場ではなく、ガンガン使ってみる場

つまり、時間がバラバラだったら毎回違う先生に当たる可能性もあるし、必ずしも教えるのが上手い先生に当たるわけではありません。

ただ共通して言えることは、相手が日本人ではない、ということ。外国人相手に、英語をひたすら使って手合わせを願う、そんな感覚のような気がします。

ただ、そんな中で先生の質が良い会社や、教え方が上手い先生に出会えることももちろんあります。そういう意味でも、本当に気に入ったオンライン英会話スクールに登録したいですね。

2.【予習】身振り手振りでもいい!言葉を発するイメトレをしよう

オンライン英会話を使った英語勉強法の中でも、一番難しいのが予習です。緊張して頭が真っ白になってしまって、ほとんど先生が一人でしゃべって終わった、なんてよく聞く話です。

オンライン英会話で一番もったいないのは言葉を発せずに時間が過ぎること。身振り手振りを交えてもいいから、とにかく発言できるように、事前のイメトレが大切です。

具体的なイメトレって?

とはいっても、イメトレって具体的にどんなことをすればいいのでしょうか?

文法や単語を直前で慌てて覚え始めてもキリがありません。「話したいこと」つまりトピックを探しましょう。

自分の趣味など話が盛り上がりやすいトピックをいくつか決めておいて、それに関する単語やフレーズを覚えておきます。

そして自分が英語を話している姿をイメージして、一人の時にも英語で独り言を言ってみましょう。この時、頭の中で言うのではなく、口に出すとより効果的です。

【参考】オンライン英会話で覚えておきたい重要表現!すぐに使えるフレーズ集

3.【復習】レッスンを録音して聞いてみよう

レッスン後の復習として使えるのが録音。レッスン中はとにかく必死で、自分が話した英語も先生が言っていた英語も、よくわかっていなかった、なんてこともよくあります。

録音してみたはいいけど、後で聞いてみたら自分の英語がダメすぎて聞いてられない・・・その気持ちもよくわかります。

でも、ここで投げ出さずに、自分の英語から逃げずに受け入れましょう。

客観的に自分の英語を聞いて、どうしたらもっと発言できるようになるのか、どうしたらもっと自然な表現ができるのか、この時はこう言えば良かったな、など間違いや後悔を受け入れて、次は同じ間違いをしないように、次はもっと良くなるように、予習(イメトレ)しましょう。

【参考】オンライン英会話の復習にも!録音のメリットと方法まとめ

スポンサードリンク

4.【初心者】自己紹介をひたすら練習しよう

英語初心者の方のオンライン英会話活用法は、自己紹介の練習場と考えることです。

初めて会う相手に必ずすることと言えば自己紹介。特にオンライン英会話は先生の数もかなり多く、毎回初めましての先生を選ぶこともできるので、あえて全員の先生を制覇するかのような気持ちで、自己紹介を極めましょう。

最初は名前と年齢、出身地くらいしか言えなかったのに、次のレッスンでは仕事のことを話してみたり、次は趣味を英語で言ってみたりと、予習や復習を繰り返すことで、自己紹介に自信がついてくるでしょう。

せっかく毎日話せて、しかもたくさんの先生がいるので、はじめましての先生にひたすら自己紹介をしていくのも有効的な勉強法ではないでしょうか。

【参考】初心者でも大丈夫!オンライン英会話で使える自己紹介フレーズ

5.【中級以上】自分のペースに持って行こう

勉強法というよりかは、オンライン英会話の活用法として、英語のレベルが中級以上の方は自分の学習内容や目的に合わせて、オンライン英会話を利用しましょう。

ただ英語を話して25分が終わるのではマンネリ化してしまうので、自分の学びたいことをひたすら質問する時間にして、教えてほしいことだけまとめて聞けるというのもポイントです。

つまり、自分自身でレッスン内容を決めて、25分をマネジメントするのです。

例えば、自分の英文がナチュラルに聞こえるかどうかチェックしてもらう、仕事で使う接客英語の言い方が間違っていないかチェックしてもらうなどの作業を、1回¥200程度でやってもらえるのは助かりますよね。

まとめ

以上、オンライン英会話を使った英語の勉強法について。オンライン英会話の位置づけなど合わせてご紹介しました。

オンライン英会話は学ぶというより、ひたすら実践するトレーニング場のようなもの。上手く活用して、スピーキング力を伸ばしましょう。

是非、参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク