初心者でも大丈夫!オンライン英会話で使える自己紹介フレーズ

オンライン英会話コラム

オンライン英会話でレッスンを受けるとき、初めての講師には必ずと言っていいほど自己紹介をしますよね。

いざ自己紹介といっても、何を言えばいいのかわからない・・・
気を使って向こうから質問してくれても、何て言っているのかわからない・・・

特に初級者の方は、始める前から緊張して頭が真っ白になってしまう人も多いのではないでしょうか?

ということで、今回は初級者の方のための自己紹介マニュアルです。自分のことを紹介するときに使えるフレーズをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

eeegleの管理人:現役英会話講師 Mia(みあ)

  • 30歳
  • 英語学習歴10年以上
  • 英会話講師歴約2年
  • 学生時代カナダ・アメリカでの留学経験
  • フィリピン英語学校でマネジメント経験

10名前後の生徒をマンツーマンで教えている個人経営の英会話講師。現在は主婦&英会話講師をダブルでこなしています。そんなMiaが、運営するオンライン英会話スクール比較サイト『eeegle』。

英語初心者だけど、最近勉強に精を出し始めた夫と一緒にオンライン英会話スクールを徹底比較!!

1.まずはあいさつをしよう!

何はともあれあいさつから入るのがナチュラルです。

Hi! / Hello! / How are you?

どれも「やぁ、こんにちは!」みたいなニュアンスで使われます。

“How are you?”と聞かれたら?
日本でも中学英語で習う”How are you?”ですが、英語圏の人たちの間でもかなり日常的に使われています。
“How are you?”と聞かれたら、日本では”Fine, thank you, and you?”で習ってきましたが、この受け答えは英語圏ではかなり不自然。
最も一般的な答え方は”Good, how are you?“です。何が正解というわけではないですが、豆知識として覚えておきましょう。
Mia

オンライン英会話レッスンでは先生から自己紹介を促してくれることが多いです。
“Could you introduce yourself?”
“Could you tell me about yourself?”
「あなたのことについて教えて頂けますか?」

“yourself”は「あなた自身」という意味。
introduce“(紹介する)や”tell me“という言葉が聞こえたら自己紹介を促していることが多いですね。

先生からこのように聞かれたら「OK!」と言って自己紹介を始めていきます。

2.名前を言う

Teacher
What’s your name? / Can I have your name?
「あなたの名前はなんですか?」
Mia

・My name is 〇〇〇.
・I am 〇〇〇.
・It’s  〇〇〇.

中学英語で習うのは”My name is…”ですが、カジュアルに”I am…”や”It’s…”を使っても問題ないですよ。
下の名前だけでも良いですし、フルネームを言ってもOK。フルネームの場合は、日本語と違って名前・苗字の順になります。
【例】田中太郎さんの場合⇒ My name is Taro Tanaka.

名前と一緒に年齢や愛称を伝えてもいいですね。

・I am ** years old. 「**歳です。」
・Please call me **. 「**と呼んで下さい。」

3.出身地を言う

Teacher
Where are you from? / Where are you from in Japan?
「出身地は(日本の)どこですか?」
Mia

・I am from Tokyo, Japan.
「日本の東京出身です。」

出身地を聞かれているので、自分が生まれ育った場所を答えましょう。日本の会社が運営しているオンライン英会話の場合、日本に詳しい先生たちも多いので、地名まで答えるとより会話が広がりますよ。

また、出身地と今住んでいる場所が違う場合は下のように言うこともできます。

・I was born in Tokyo, but I live in Osaka now.
「出身は東京ですが、今は大阪に住んでいます。」

I was born in ~.・・・~で生まれました。
I live in ~.・・・~に住んでいます。

4.職業を言う

Teacher
What do you do? / What’s your occupation? / What’s your job?
「職業はなんですか?」

仕事や職業などを聞くフレーズでネイティブがよく使うのは”What do you do?”と”What’s your occupation?”です。
上記を聞かれたら自分の仕事や職業を答えます。

What do you do? 「何をされてるんですか?(⇒仕事)」
What’s your occupation? 「職業はなんですか?」(※occupation(オキュペイション)→生活手段としての職業)

Mia

【I am +職業名】
・I am an office worker. 「会社員です。」
・I am a salesperson. 「営業担当です。」
・I am a student. 「学生です。」
・I am a housewife. 「主婦です。」

【I work at +場所】
・I work at a restaurant. 
「レストランで働いています。」
・I work at a bank. 「銀行で働いています。」
・I work at a hotel. 「ホテルで働いています。」

いろんな言い方があるので、個人に合わせて調べてみて下さいね!

スポンサードリンク

5.趣味を言う

Teacher
What do you like to do in your free time? / What’s your hobby?
「趣味はなんですか?」

趣味の直訳は”Hobby(ホビー)”ですが、直接的ではなく「What do you like to do in your free time?(暇なときに何をするのが好きですか?)」と間接的に聞く場合もあります。

Mia

・I like to go shopping.「買い物が好きです。」
・I like to play basket ball.「バスケが好きです。」
・I like to travel.   「旅行が好きです。」
・I like to watch movies.「映画鑑賞が好きです。」
・I like to read.   「読書が好きです。」

趣味が複数ある場合は組み合わせて答えましょう。

【例】 I like to go shopping and watch movies.「買い物と映画鑑賞が好きです。」

6.英語のレベルを言う

聞かれるかどうかはわかりませんが、今の自分の英語レベルを伝えておくと後々お互いにとってやりやすいでしょう。

Mia

・I am a beginner at English.
 「英語初心者です。」
・I just started learning English.
 「英語を学び始めたばかりです。」
・I am not good at speaking English.
 「英語を話すのが得意ではありません。」
・Please speak slowly.
 「ゆっくり話して下さい。」

7.今の心情を言ってみる

英会話レッスンを受けるにあたって、感じていることを一言添えると尚良いですね。

Mia

・I am really excited to take a lesson.
 「レッスンを楽しみにしています。」
・I am a little nervous now.
 「今ちょっと緊張しています。」
・I want to speak English more.
 「もっと英語を話したいです。」

8.「以上です。宜しくお願いします!」

Mia

・That’s it! Nice to meet you!

That’s it / That’s all ・・・以上です
Nice to meet you.・・・はじめまして、よろしくお願いします

まとめ:全部つなげて言ってみよう!

以上、オンライン英会話の自己紹介で使えるフレーズをご紹介しました。

先生が質問してくることもあれば、自分でまずは一気に自己紹介する場合もあるので、状況に応じて準備しておきましょう。

Aさん
Hello! My name is ___. I am from Tokyo, Japan.
I am a salesperson. I like to watch movies.

I am a beginner at English, so please speak slowly.
I am a little nervous now but I want to speak English more!
That’s it. Nice to meet you!

「こんにちは!私の名前は__です。日本の東京出身です。
仕事は営業をしています。趣味は映画鑑賞です。
英語は初心者なので、ゆっくり話して下さい。
今はちょっと緊張していますが、もっと英語を話したいです!
以上です。宜しくお願いします!」

是非、オンライン英会話の自己紹介マニュアルとして参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク